月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AeonFlux.jpgHP:イーオン・フラックス
原題:Aeon Flux
私的分類:アクション・/近未来SF/CG
鑑賞方法:DVD
評価:★★
2015年、品質改良を重ねた穀物から発生したウイルスにより、人類の98%が死滅。
科学者トレバー・グッドチャイルドの開発したワクチンにより生き残った人々は、危険な外界から隔離された塀の中の都市で暮らしていた。
あれから400年、反政府組織の戦士イーオン・フラックスはグッドチャイルドの暗殺を命じられる。
トレバー・グッドチャイルドに迫るイーオン。そのとき、イーオンを見たトレバーは彼女を別の名で呼ぶ・・・


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

AeonFlux02.jpgとにかく、CMのあのシーン。シャーリーズ・セロンが上から降ってきて、地面から生えてくる剣山を避けて、壁に足でつっぱって、ギリギリで耐えるシーン。あれに好奇心を引かれて見た映画だった。
ムリでしょ、どー考えても。重力バランス的にどーなの?
いや、できるのか?鉄棒体操選手を凌駕する筋肉発達で?

全体的に、イマイチな映画だった。
近未来。独裁組織と反政府組織。そして暗殺者と標的の間には実は因縁が・・・よくあるパターンですね。
"全身武器の美しき忍び"とのふれこみだったけど、全身武器だったかな??
たしかにしなやかで美しく、意表をつく動きをしてくれたけど(↑とかね)結局戦いは銃撃戦だしね。
ああ、でもそういえば、イーオンが呼び集めた鉛球(?)は何?
あれかわいいけど、なんで集まってくるの?ああゆう摩訶不思議能力をもっと使ってほしかったなぁ。銃の代わりにあれで撃つとかさ。
シサンドラの”足が手!”も、もっとわかりやすく大々的に使ってよ!ちょっとあれ気持ち悪いんだけど(笑)せっかくの移植がもったいない。

同時期の映画として「ウルトラヴァイオレット」がすごくよく似ているんだけど、私はイーオンよりヴァイオレットの方が好きだな。
イーオンはしなやかで雌豹の様だったけど、ヴァイオレットは全体的なアクションが、クールというか、無機質というか、近未来らしい感じで、こっちのがスキ。

製作:2005年 アメリカ
公開:2006-03-11
監督:カリン・クサマ
出演:シャーリーズ・セロン 、マートン・ソーカス 、ジョニー・リー・ミラー 、アメリア・ワーナー
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。