月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2006.08.10 (Thu) 18:47
SPIRIT
spirit.jpgHP:SPIRIT
私的分類:格闘技
製作:2006年 香港/アメリカ
鑑賞方法:DVD
評価:★★

病弱だった少年は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、その傲慢さゆえに恨みを買い、家族に向けられた凶刃によって悲劇のどん底に落ちていく。いくつもの苦悩と、数知れない戦いの果てに、彼を待受けていたのは歴史に残る大舞台。史上初の異種格闘技戦だった。全世界から集まった屈強な男たち。会場に渦巻く興奮と野望。しかし、彼の胸にある思いは、勝者の栄光を掴むこととはまったく無縁の、静かにたぎる情熱だった…。


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

中国系のアクション格闘技モノは、最近グリーンデスティニーやHEROのようなアクションや情景の美しさを期待してしまいます。太極拳等のようなしなやかな動きとか、華麗な剣舞とか。

でもねぇ、どうやらコレはそういった類の話ではなかったらしい・・・

悪漢をやっつける、とか爆発~とかは好きなんだけど、
試合だって言うのに骨を折ったり平気で怪我させたり、相手を殺したりとかってヤダ。
生きるか死ぬかの戦いの中で剣でザックリ、とかは構わないんだけど、骨を折られたりとかって、イタイ。
・・・なんでだろ、剣でザックリの方が確実に痛そうなんだけどな。現実感がないからかな。

日本人闘士の田中役として中村獅童が出ています。
かなりフェアプレーのカッコイイ役どころです。
中国のお話で、こんな日本に好意的な役どころなんてよく反日感情は拒絶反応をおこさなかったなぁ、と思ったら、中国じゃなくって香港で作ってたのね。
(なんかアジア系中華系って、見分けがつかない。つい中国ってひとくくりにしちゃうのはマズイですよね)
カッコイイなぁ、田中。「やめたほうがいい。それでもやるなら手加減はしない」とか、自分への勝利宣言を遮って相手の勝利を宣言したりとか。
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。