月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2005.12.01 (Thu) 17:19
ブラザーズ・グリム
b-grimm.jpgHP:ブラザーズ・グリム
原題:THE BROTHERS GRIMM
私的分類:ファンタジー/コメディー/
鑑賞方法:映画館
製作:2005年、アメリカ/チェコ
公開日: 2005/11/3
監督:テリー・ギリアム
製作:ジョン・D・スコフィールド、クリス・マクガーク、ボブ・ワインスタイン
出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、ジョナサン・プライス、レナ・ヘディ
評価:★★★



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

「赤ずきん」「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」など、今も世界中で愛され続けるグリム童話。その名作誕生の影に実在のグリム兄弟の恐怖と魔法のアドベンチャーがあったとしたら…。グリム童話の誕生秘話を、斬新な発想のもとに映像化。

19世紀、フランス占領下のドイツの呪われた森の中で、少女たちがつぎつぎと姿を消す。
魔物退治で賞金を稼いできたグリム兄弟は事件解明を依頼され、やがて想像を絶する数々の魔術的な事件に出会うのだった・・・

ええっと・・・イマイチ?
「怖いグリム童話」ようなおどろおどろしいホラーか、はたまた冒険とアクションを繰り広げるファンタジーアドベンチャーを期待したのだが、・・・コメディ?
映像は華々しいのだが、ストーリー自体は愚かしさの象徴のドンキホーテを彷彿とさせます。

グリムが魔物退治の詐欺師って設定は、なかなか面白そうだったんだけど、まあ、多くを期待せず、かる~い気持ちで見ると、気軽に楽しい物語。

ところで、グリム童話誕生秘話というだけあって、グリム童話をモチーフにしたシーンが多々ありますね。「ジャックと豆の木」「赤ずきん」とはじまって、とうぜん「白雪姫」に「シンデレラ」、「カエルの王子様(王様だっけ?)」とたぶん「千皮」と・・・「氷の女王」はグリムだっけ?12人の乙女はなにかあったっけ?と数えていくのも楽しいもの。
あとで、グリム童話にほかにどんな話があったかと本屋を覗いてみると、やはり時期をあわせてグリム童話のシリーズがいくつか平積みされていました。ちらっと目次をのぞけば・・・いやぁぁ、こんなにあるんですねぇ。これでも、きっと全部ではないんだろうけど、見たことないタイトルがずらりと並んでいて、ダメだこりゃ、どのシーンがどれをモチーフにしていたかなんて、到底調べられないわ、とあきらめたのでした(笑)

Yahooレビュー
Amazonレビュー
シネくらのクチコミ
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。