月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2005.10.17 (Mon) 10:44
ネバーランド
neverland.jpgHP:ネバーランド
原題:Finding Neverland
私的分類:人間ドラマ/家族愛/史的人物半生
鑑賞方法:DVD
製作:イギリス/アメリカ
監督:マーク・フォースター
製作:ゲイリー・ビンコウ 、ニール・イズラエル
脚本:デヴィッド・マギー
出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミッチェル、ダスティン・ホフマン
評価:★★★★



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

物語「ピーター・パン」は誕生して100年を迎える。劇作家ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。

ジェームズ・バリは、美しい未亡人シルヴィアと、4人の幼い息子たちに出会う。彼はすぐに子供たちと打ち解けるが、父の死によって傷ついた三男のピーターだけは、心を開こうとしなかった。ジェームズはピーターに子供らしさを取り戻してほしいと願い、想像すること、夢を信じること、そして書くことを教えていく。


思った以上に感動的でした!
大人になれば大人から傷つけられることはないと、子供らしさを捨てて心を閉ざすピーターの痛々しさ、儚さ、
子供っぽさを残しながら、父親的な包容力をもつジェームズ・バリ、
二人の自然で説得力のある演技で物語に引き込まれ、理想的な「家庭」をそこに見ました。
そして、物語ピーターパンを想像しながら、物語のあのシーンが、あの子達がと微笑ましい。

「ピーターパン」が誰かのために書かれたお話だというのは、なんとなく聞いたことがありましたが、こんな物語が隠れていたとは知りませんでしたね。
心温まる感動の物語、「ネバーランド」とは、心の中の「永遠」であるようです。

同時に、物語「ピーターパン」も見ておくと、劇中シーンが理解できてオススメ。

Yahooレビュー
Amazonレビュー
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。