月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a_touch_of_spice.jpgHP:タッチ・オブ・スパイス
原題:A TOUCH OF SPICE
私的分類:人間ドラマ/民族問題/
鑑賞方法:DVD
製作:2003年、ギリシャ
監督:タソス・ブルメティス
出演:ジョージ・コラフェイス、タソス・バンディス、マルコス・オッセ、バサク・コクルカヤ、イエロクリス・ミハイリディス
評価:★★★



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

本国ギリシャで社会現象を巻き起こした感動の人間ドラマ。
ハリウッドを中心とした並居る大作を押しのけて、観客動員数No.1、映画史上第2位の興行収入を記録。

1950年代のコンスタンチノープル。
少年ファニスは、スパイス店を営む大好きなおじいちゃんからスパイスの効用と天文学について学んでいた。しかし、トルコ・ギリシャ間の戦況によって、ファニス一家はアテネへ強制退去する。

人生は料理と同じ。大切なのは“スパイスのさじ加減”。
それを教えてくれたのは、大好きなおじいちゃんだった。


ところどころスパイスの効いたセリフが味わい深い。メモをとっておきたい感じ(笑)
しかし、「オリンピックの国の全ての人が笑って、泣いた」のうたい文句で、かなり期待してみてしまったが・・・期待ほどじゃ・・・?
ギリシャと日本のお国柄の違いか?
DVDのジャケットを見るまでそんなに日本で話題になったという話は聞いていなかったし、日本人には(あるいは私にか!?)ちょっと物足りないかな?
「ここで泣いて!」と訴える物語の山場も特にないようだし、どうやら、「ほほえましく、何気なく、淡々と語られる物語」というジャンルに入れたい映画だ。

ところで、「感動の人間ドラマ」というから家族と見ようかと思ったけど、プロローグっからヌードバストで、借りてきたのを間違ったのかと焦った!途中もだけど、アレ、いらないと思うんだけど!?ヒューマンドラマにあまりエロスの要素を入れないでほしいんだけどなぁ。

Yahooレビュー
Amazonレビュー
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。