月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2005.09.05 (Mon) 16:16
ニュースの天才
newsnotensai.jpg私的分類:実録/捏造事件/心理的描写/脅迫感
鑑賞方法:2005/9/5 DVD
原題:SHATTERED GLASS
製作:トム・クルーズ
監督:ビリー・レイ
出演:ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード ほか
製作:2003年、アメリカ
評価:★★



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

大統領専用機に唯一置かれる雑誌、という権威を誇る“THE NEW REPUBLIC”。
最年少で花形記者のスティーブンは次々と特ダネを発表。
しかしある日発表した「ハッカー天国」の記事をコンピューター関連雑誌社が追跡調査を始めたことから、彼の書いた記事に疑問を感じ始める。
アメリカで実際に起きた捏造事件を描いた作品。

スティーブンが母校で、花形記者としての日々やコツを語る。という語り口で物語は進められていく。
スティーブンは「こんなゆうに特ダネをさがす」「こんなことがあった」「こんな風に捏造を疑われた」と回想するように語っていくので、
捏造事件という「事実」を元に作られたと聞いたと思ったけど、あれ、気のせいだったかな?と、ちょっと戸惑わせる作り方は、ちょっと面白い。
捏造事件を「事実」としてしっかり知っている人には、くだらない罠だろうけど、ちょっとあやふやだった私みたいな人には、楽しめた構成だったでしょう(笑)

しかし、映画は捏造の追及へと進んでいく。
そして、嘘に嘘を重ね、塗り固め、あがき・・・ええい!往生際の悪い!やめろ!それ以上言うな。ぜったいバレてるって!
と精神衛生に良くない展開なのでした・・・

詐欺やペテンでも「キャチ・ミー・イフ・ユー・キャン」や「オーシャンズ11・12」のように、爽快なら楽しいんだけど・・・まあ、「事実」だしね。そうカッコよくはいかないよね・・・

Yahooレビュー
Amazonレビュー
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。