月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
harry_gobleto1.jpgHP:ハリーポッター公式サイト
私的分類:ファンタジー
原作:J・K・ローリング
出演:ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 、トム・フェルトン 、スターニスラフ・イワネフスキー
評価:★★★★



・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

harry_gobletoffire.jpg4.炎のゴブレット
2005年12月20日 映画館にて
製作:2005年、アメリカ
時間:157分
監督:マイク・ニューウェル
製作:クリス・コロンバス 、デヴィッド・バロン 、マーク・ラドクリフ 、ターニャ・セガッチアン
脚本:スティーヴ・クローヴス
音楽:パトリック・ドイル
評価:★★★★

ホグワーツの主催で“三大魔法学校対抗試合”が行われることになった。このトーナメントは魔術の技量を競うもので、最高のスリルと最大の危険を伴う。魔法界の名門校3校から代表選手がひとりずつ選ばれ、栄えある優勝杯を賭けて、命がけの戦いを繰り広げるのだ。
しかし、参加資格に年齢が満たないハリーがなぜか選ばれ、大会は4人で行われることになる・・・そしてハリーはそのころ、額に傷をつけたあの人・ヴォルデモート卿の悪夢にうなされる日がつづいていた・・・

とうとう、あのヴォルデモート卿の復活!
物語は架橋に入り始めたか!?
魔法学校もペガサスにドラゴン、そして三大魔法学校の代表生徒登場と盛り上がる!各校の代表生徒の登場シーンは各校の威厳を込めたパフォーマンスがステキ!大好きこうゆうの!ホスト側につき入場生徒のいないホグワーツ校のパフォーマンスがないのが残念。

しかし、初の原作上下巻が、映画1本に収まるのかとおもえば、やはり少々駆け足気味でしたね。
予告ではハリーの初恋がずいぶんクローズアップされてたのに、・・・あれで終わり?恋、してたか?いらないやん彼女。きっと原作では(読んでないけど)もっと彼女との初恋のくだりが語られてたんだろうなぁ。時間上削られたか?

後半ヴォルデモート卿が復活して、なかなか手に汗握る展開で、「詰め込みすぎで疲れた」って知人は言うけど、あのぐらい盛りだくさんで緊迫感あるほうが好きだなぁ。
・・・って、私って「水戸黄門の無敵の印籠状態」がお気に入りだから、
「よっし!出ましたヴォルデモート!」
「何といったところでハリーは負けない!」
ってなオーソドックスな展開は大好きなのよね♪

Yahooレビュー
Amazonレビュー
シネくらのクチコミ



harry_azkaban.jpg
3.アズガバンの囚人 2004年
2004年7月6日 映画館にて
2005年5月 DVDにて
Yahooレビュー
Amazonレビュー


harry_chambre.jpg2.秘密の部屋 2002年
Yahooレビュー
Amazonレビュー


harry_philososher.jpg1.賢者の石 2001年
Yahooレビュー
Amazonレビュー




harry.jpgDan Radcliffe Web Japan
ハリーことダニエル・ラドクリフくんの非公認ファンサイト。
ほぼ毎日ニュースが!
ハリーポッター各ファンサイトへの入り口としても♪

スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。