月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2005.11.20 (Sun) 10:19
宇宙戦争
宇宙戦争映画:宇宙戦争
SFパニック/宇宙侵略
出演:トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング ほか


・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

とにかく逃げる。とにかく隠れる。
ちょうどナチスを恐れるユダヤ人のよう。
スピルバーグと言う期待半分と、宇宙人モノは何でもありだからなぁという猜疑心半分で見てきました!
気の休まるヒマもなく逃げ惑う恐怖。息を殺して侵略者の目から逃げる恐怖。その緊迫感はさすがスピルバーグ。一緒に息を止めて見てました。う~肩こった。

見ながら思ってしまったわ。
ねぇ、本っ当に手の出ない相手に大量虐殺されたら、それでも必死に生き延びようとする気力ある?
万一数少ない生き残りになっても、その後延々アレを恐れながら、地下かどっかに、ビクビクと恐れながら暮らすのよ?その後共存できる訳もなく、きっといつか殺されるのに?
でも、アレにさっさと殺されれば、痛みも感じず、一瞬であの世よ?
ごらんなさいな、初めに殺された人なんて、何がおきたかわからなかったわよ、きっと。
でもなぁ、死んだ後どうなるか分からないから、死が怖いんだよなぁ・・・
とかなんとか、ちょっと厭世観に浸ってしまった。

だがしか~し、せっかくの緊迫感も終わり悪ければすべて台無し!
あのあっけない最後はなんなの。
スピルバーグったら、ストーリーを練る気力がつきたんでしょ。
お兄ちゃんもお母さんも、なんか平気な顔で家にいるし。

「地球最後の日、人類は試される・・・」って、別に試されてないし。
ちょっと残念ね。


シネクラのクチコミ
Yahooレビュー
スポンサーサイト

 コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。