月に百。星に千。あなたに万の 愛と幸せを・・・だったらいいな(笑)
[管] [新] [画] [箱] TOP

映画タイトル 五十音別
[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [海外TV]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレジットカードにはポイントをマイレージへ移行できるカードがたくさんありますが、その中にUCSの「entaCARD」というものがあります。

年会費は無料で1000円で2ポイントが貯まるのです。このポイントが何とJALマイルに1ポイント=10マイルで移行できてしまうのです。つまり1000円で20マイルが貯まるというわけです。

このentaCardとEdyカードを利用した、超画期的な裏技です。「Edy」は電子マネーの1つでクレジットカードから入金することができるのです。

そこで、entaCardからEdyカードに入金するのです。Edyカード1枚の入金限度額は5万円ですので、20万円分入金しようとするなら4枚のEdyカードが必要になります。ここで、4枚のEdyカードに合計20万円分チャージしたとします。

その後、請求書が郵送される前にこの20万円分を一括で支払いたいとカード会社に連絡します。

じゃぁこの20万円もの金額をどうやって支払うかと言いますと・・・ Edyで支払うのです!!

entaCardはリボ・分割払い専用のカードですので、一括払いをする際にカード会社に連絡をしなければなりません。

20万円分の請求書が届きましたら、これをEdyが利用でき、EntaCardの支払いが可能な「サークルK&サンクス」で決済します。

1. Edyカードにクレジットカードから入金

2. カード会社に一括で支払うという連絡を入れる

3. サークルK&サンクスに行き、Edyで支払う

たったこれだけのことなのです。結局は自分のお金を循環させているだけなのですね。

それだけのことで4000マイルが獲得できたわけです。

5000マイル欲しい場合は5枚のEdyカードにそれぞれ上限額の5万円をチャージし、合計25万円分の請求をEdyで支払えばいいということです。

これを毎月繰り返すだけで、飛行機にも乗らずにJALのマイレージが貯まります。



ただし、実際には無料ではなく、JALマイレージへの移行費が年間5250円かかり、1回移行する度に1050円かかります。

また、EntaCardはリボ・分割専用のカードですので、コンビニでの振り込みの際の手数料は毎回かかることになります。

JALマイレージへの移行は年間4万マイルまでとなっています。ですから毎月この方法を繰り返して貯まる年間の合計ポイントは6万ポイントになりますが、4万ポイントまでしかマイルに移行できませんので、2万マイルは余ってしまいます。
スポンサーサイト




style="padding:0px;margin:5px;float:left"align="left"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。